スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらに静かに、さらに省エネに

あまりにも製造費用が高すぎた9000系の増備が終わり、ある程度コストを削減し、製造費用を下げた大量生産仕様の1000系を導入。
9000系よりもさらに省エネに、さらに静かになった1000系ですが、17日から試運転が始まっています。

IMG_9618_20131027204233b03.jpg
晴れた初日に撮影。性能試験だったため、測定用のコードが床下から伸びています。
こうして見ると、併結非対応のため省略された貫通扉周辺の幌受けのステンレスパーツが省略されたせいで間抜け面に見えますね…。

種別灯/尾灯のケーシングのデザインが四角形から変更されたおかげで、少々にやけているように見えなくもないですね。

IMG_9694.jpg
18日に大山崎で。どん曇りだったのでLEDを止めようか、というわけで選択。
ステンレスパーツがなく、さらに貫通扉と周囲が面一なおかげでぱっと見では貫通扉がどこにあるのやら…。

前照灯はロービームだと若干下向きになっている下半分のみが、ハイビームでは上半分も点灯します。
ロービームでも十分眩しかったのですが、ハイビームだとさらに眩しんでしょうなぁ…。

IMG_9744.jpg
性能試験と千里線での勾配起動試験を終えて25日に正雀車庫から西宮車庫へ回送された後、26日にはさっそく試運転。
神戸線・今津線・神戸高速線を走り、車内の液晶ディスプレイの表示試験が行われていました。

夜に見ると、昼間に感じた間抜けさはどこへ行ったのやらという感じですね。
前照灯はハイビームで完全に真っ白けになってしまいましたが、これぐらい明るいということで…。

IMG_9749.jpg
この試運転では初めて梅田に入線。
深夜時間帯だったが故に車両数は少ないですが、宝塚線・京都線の車両と並んでいました。

IMG_9747.jpg
後ろからもとりあえず1枚だけ。

IMG_9750_20131029153044340.jpg
横のLEDも。
種別・行先が別々だったのですが、5000系列以来の一体型に戻されました。

車内は完全に見えない状態になっていたものの、辛うじて液晶ディスプレイの様子を見ることができましたが、
・西宮車庫から宝塚へと走行した際は「西宮北口発普通宝塚行き」の設定
・宝塚から今津線経由で梅田へと走行した際は「宝塚発今津線経由準急梅田行き」の設定
・梅田から新開地へと走行した際は「梅田発普通新開地行き」の設定
になっていました。

コストを削減しつつも伝統は何とか受け継いだ1000系ですが、車内はいったいどうなっているのでしょう。
報道公開を済ませていない状態ですが、いつやるのやら…。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

02×60

Author:02×60
谷町線沿線に潜む高校生(単位制)。
金と興味さえあればどこにでも出没。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
30系車両引退記念特設サイト
logo_20130628204145.png
30系ステンレス車完全引退記念映像
直接連絡したい方はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。