スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わり果てた姿

3月1日に森之宮検車場へ廃車回送された3093。
3月上旬に除籍後、5日深夜から7日深夜にかけて、編成中の全車が解体工場へ向けて搬出されました。

IMG_2552.jpg
2日目に搬出された3593。
約1週間ぶりに「再会」したものの、垂れ下がったワイパーや取り外された部品…見るも無残な状態でした。

IMG_2561_20130308173643.jpg
3593とともに搬出された3493。皆様ご存じのとおり、もと3097。昔は先頭車として活躍していた車両です。
しかし…こうしてみると、本当に「元先頭車」とは思えない姿ですね。

IMG_2241.jpg
ただ…細かいところを見ると、どうやって改造したかは検討がつきました。
扉から左が乗務員室があった部分、右が客室部分です。車体はあまり艶がないタイプですが、綺麗さが少し違いますよね?

下部のコルゲートの撤去痕からして、この妻側鋼体は廃車になった3597のものではないでしょうか。
そうでなければ、下部のコルゲートの撤去痕がないはず。骨組みが鉄だからこそ?
要するに「3097の客室鋼体+3597の妻側鋼体=3493」ということですね。

IMG_2560.jpg
解体工場の前で、静かに最期を待つ3593。
初めてこんな姿を見ましたが、正直のところ見るに堪えないです…。

IMG_2590.jpg
最終日に搬出された3093。
今度はワイパーこそ垂れ下がっていないものの、灯具類がすべて外された状態。前照灯があった部分からコードが出ています。
その姿はまるで魂を失ったかのようでした。

IMG_2605.jpg
解体工場の前でも。
側面方向幕も撤去されているのがわかります。

IMG_2602.jpg
同時に搬出された3393。解体工場の前で撮影。

しばらくして解体工場に搬入され、3062が緑木に一応残ってはいますが、
「私がよく知る30系ステンレス車」は、これですべて消えたこととなります。

幼少のころから今まで当たり前のように乗り、そして見てきた私にとって、「いることが当たり前」だった30系ステンレス車。
変わり果てた姿を見ても、私には「もう二度と来ない」という現実がとても信じられないのです。
ただ、いくら信じられなくても、「もう二度と来ない」…これが現実。長い間、本当にお疲れさまでした…。


ちらっと画像を出していましたが、動画がようやく完成いたしました。
日常風景から最後の搬出まで、たっぷりと収録した1時間30分。お時間がある時に、じっくりと見ていただけると幸いです。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

02×60

Author:02×60
谷町線沿線に潜む高校生(単位制)。
金と興味さえあればどこにでも出没。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
30系車両引退記念特設サイト
logo_20130628204145.png
30系ステンレス車完全引退記念映像
直接連絡したい方はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。