スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ありがとうキハ181系号」3(米子編2)

4日間連続で「ありがとうキハ181系」号ツアーのレポートを書いていますが、いよいよ残すところあと1回となりました。
今回のレポートは「米子編その2」です。

ひとまず夜飯にしたいのですがレストランなどを探すも何も見つからず、最終手段としてサティのマクドナルドへ…。
ホテルの夜ごはんが食べたかったのですが、残念ながら26日夜はとある団体様が貸し切っていました…。
何でこういう時に貸切なんてするのさぁ…。
せっかく米子に来たのに何でマクドナルド…モスバーガーさえあれば駆け込んだのにな…。
米子らしからぬ夜飯を食べてしまいテンションがガタ落ちしてしまいましたが、サンライズ出雲狙いで米子駅へ。
ひとまず友人を探して合流。時間はまだあるので夜のキハ181を眺めながら撮ることに。

夜のキハ181
夜の米子駅留置線にたたずむキハ181系。夜はまた一味違いますね…。

米子駅の駅名票とキハ181系
米子に来た証を。駅名票と絡めて撮ってみました。

その後キハ47の普通列車がキハ181の手前に入線。
ということはと思いながら前の方へ行くと…

元同僚たちとの並び
キハ47・キハ181・キハ121または126が見事に並んでいます!
元同僚に囲まれるキハ181。いい並びを見ることができました。

米子駅構内の照明に照らされるキハ181
反対側へ回ってみると、いい感じに構内照明に照らされています!
輝く照明に照らされるキハ181。やはり何か幻想的です…

そして入線時刻が近づき米子駅2番線へ。
特徴的な4灯ライトが見ぇ…

サンライズ出雲
サンライズ出雲です。米子に来たからにはやはり撮らないと。
見たのは8月の団臨以来です。やはりどっしりしていますね…。
動画は撮ったものの真っ暗ですが、後日公開します。

そしてサンライズを見送ってちょっとだけ撮っていたとき、後ろからあのゲテモノフェイスが接近してきて…
しかもナイスな位置で止まっている気がしたためダッシュでその車両の前へ!

キハ187系
ゲテモノフェイスの正体、それは…キハ187系です。
この顔はやはり何か別の意味で強烈ですね…特急車らしからぬ平面顔が某サンパチ君を思い起こさせます。
そしてアングルを変えてみると、私の予想は的中していました!

キハ187系とキハ181系の並び
なんとホーム先端ではキハ181系とキハ187系の新旧「おき」並びが実現!!
由良駅で繰り広げられた新旧「はくと」並び同等の価値が…いや、それ以上の価値がある並びが実現しました!
またも新旧並びが実現し、感動しました…。

そして私と友人は米子駅を出てSLの車輪がある広場へ。
曲を選んで流せるボタンがあり、そこに「山陰鉄道唱歌」というものかあったので押してみると…
ただの鉄道唱歌が流れました。これはクレームを入れてもいいんじゃないでしょうか?

そしてホテルに今度こそ戻り、バッテリーを充電して風呂に入りました。
風呂の浴槽がまた良くて…最初は「浅っ」と思いましたが、絶妙な傾き具合で寝そべっているような感じでした。
トイレと風呂が一体化しているのは激しく違和感を感じましたが…ホテルって大体そんなものですよね。
そしてベッドも跳ねる跳ねる。毛布なしでも布団は暖かったです。
そして23時15分ごろ、ニュースで某アニメのライブのミニ特集をやっていましたが…
「やり過ぎ。」としか言えませんでした…。
痛車とかコスプレとか…アニメですが私は見るとかCD派ですね。ライブとかはあんまり…ねぇ。
そしてそのニュースが終わったので寝ました。

・・・6時頃、私は朝の最大イベントを見るため起床。
エレベーターでツアー参加者と挨拶して、その人たちは朝飯を食べに行きましたが私は米子駅へ。
レストランに入れるのが6時55分からでしたからね…。

朝の空とキハ181系
日が昇り始めたばかりの朝の薄暗い空とキハ181系。
この光景も今回の「ありがとうキハ181系」号を最後に引退することから、この日で最後となりました。

そしてその後撮影者が続々米子駅に集結。そして友人も朝ごはんを食べて米子駅に。
そして周りに作業員さんがやってきて、6時35分ごろ、遂に…!


ガガガ、ガガガガ、グォォォン!!
という音と共にキハ181系のエンジンが唸りをあげ、起動しました!!
エンジン始動は初めて見ましたが、迫力ありますね…。
途中、ヘッドマーク取り付け作業も収録しています。貫通扉を閉めた時が…たまらん!
どうぞご覧くださいませ。

爆煙を天に吹き上げるキハ181系
そしてエンジンが始動し、凄まじい爆煙を天に吹き上げるキハ181。
迫力あるその姿。走行中でもあまり見れないだけに感動しました…。
この時副票が「はまかぜ」デザインの「ありがとうキハ181」になっているのが分かりました。
最後はやはり定番列車となっていた「はまかぜ」デザインにしたんですね。

マフラーから吹き上げる爆煙
そしてマフラーから吹き上げる爆煙をアップで。

地上時代の姫路駅の再現のような光景
姫新線色のキハ47とキハ181が並びました。
「はまかぜ」デザインの副票とも相まってまるで地上時代の姫路駅のような光景が広がっていました。

準備が整った「ありがとうキハ181系」号
そしてヘッドライトが点灯、ドア開閉試験も終了しいよいよ準備が整いました。
このタイミングで私は朝ご飯を食べるためホテルへUターン。

ホテルの朝ごはんはバイキング。
流石ホテルなだけあって、パンもご飯もカレーもかなりおいしかったです。
ただ、時間が迫っており余裕をもって食べていられなかったのは惜しまれますが…それ以上のものを見れたのでよしです。

そして部屋に戻り荷物を出したり点検したりして、全てが完了しホテルから出る前に、時間が時間だったので…

米子運転所の転車台と機関区
6階からなんと米子機関区の転車台と機関庫が見えました!
「奥出雲おろち号」の客車もいます。こりゃびっくり・・・。
そしてホテルをチェックアウトし集合時間ぎりぎりのナイスタイミングで米子駅に到着。
すると末期色の115系がホーム上で並ぶという恐ろしい地獄絵図のような光景が…。
まさかキハ181と並ぶのでは、と思った私の予想は…

恐怖の並び
見事的中してしまい、「末期色+食パン×キハ181系」という恐ろしい並びが現実になってしまいました。
これだけは勘弁してほしかったんですが…。

115系オカG08編成(末期色)
編成撮りは時間があるので無視してこのあとは末期色の115系の写真を。
編成は1回しか撮れていないのでよかったです。

米子駅2番線に停車中の「ありがとうキハ181系」号
このあと、なんだかんだで編成も撮影。
結構きれいに決まったかと思います。これで途中駅で無駄に格闘する必要性もありません!

キハ181と撮影者と、その奥・・・
そしてこんな写真も。米子の人たちも久々のキハ181入線を歓迎しているみたいでした。
ただ、後ろにいる沢庵色をした物体に目が行くのは私だけではないはず…。

第3回「米子編その2」はこれにて終了です。
次回はいよいよこのレポートの最終回、「復路編」をお送りいたします。
米子発車時の光景、途中駅での戦争撮影会、最後の餘部鉄橋通過など、徹底レポートでお届けします。お楽しみに。

鉄道コム キハ181系へ(他の人が書いたブログ記事が見つかりますのでどうぞご覧くださいませ)。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

キハ187
デザインはともかく性能は良いみたいですね^^

エンジンかかるとこ迫力ありますねぇ
貴重な動画ですよ^^

そのようですな…

なはあかつき様、コメントありがとうございます。

キハ187はどうやら性能だけはいいみたいですね。
181を軽く超える性能を持っているとか…
ただし外観はコスト削減のためかとんでもないデザインを採用しましたが…。

キハ181のエンジン始動は非常によかったです。
「ガガ、ガガガ、グォォォォォォォォン!!」という銃声にも似た音の後、
起動するというのがまたかっこいいんですよ!
YouTubeで探してもあまり見つからないし、そもそもこのような光景は「はまかぜ」などでは
到底見れませんでしたもんね…。
「貴重な光景にして、これが最後なんだなぁ・・・」と思わされました。
プロフィール

02×60

Author:02×60
谷町線沿線に潜む高校生(単位制)。
金と興味さえあればどこにでも出没。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
30系車両引退記念特設サイト
logo_20130628204145.png
30系ステンレス車完全引退記念映像
直接連絡したい方はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。