なぜか2色だったヤツ

前回はセミステンレス車の中でも異端車中の異端車だった3060を取り上げましたが、今回は…
なぜか貫通扉の色が2色だった30系の画像がHDDから出土しましたのでご紹介。

IMG_5960.jpg
右側の3549の貫通扉の下のほうがかなり濃い紫色で目立ってますが、今回取り上げるのはこれ。
現存しているグループでも、2色の貫通扉だった30系は後にも先にも3549ただ1両だけでしたが、当時はよく目立っていました。

ただ、2色塗りだったこの貫通扉も最後まで残るかと思われましたが…
2010年11月、3047が貫通扉の再塗装などの美化整備を施して出場。となれば、そのあとに入場する3049も当然ながら再塗装されるわけで…

IMG_4214_20130508194756.jpg
2011年3月の全般検査で正規の色で再塗装され、現在の姿となりました。
そして、それと同時に…まったくもって原因不明の貫通扉の塗装が2色だった30系は姿を消したのでした。

おそらく懐古シリーズはこれで終わりになる・・・
かな?

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

もっと厳ついヤツ

最後の活躍を見せる30系のうち、最後まで残ったステンレス車は3093。
実のところ3093は車両の経歴を見ると面白いものですが、外見的には「なんの変哲もないごく普通のステンレス車」でした。
しかし…昔は一風変わった外観の編成もいましたし、今回はそれをご紹介。

IMG_7209.jpg
3093と違って正面と側面の接合部の柱に何もない車体、一回り大きい前照灯のケース、幌金具の留め具が貫通扉の周りに…
と、こんな感じのすごく厳つい外観の3060はなんと1973年製造。新30系グループの中でも最初に製造された5両のうちの1両です。

車体は万国博世代の30系と同様の構造で、前照灯のケースは万国博世代車同様に白熱灯タイプが奢られていますが、中の電球はシールドビームタイプへと改造されています(3059・3559は白熱灯のまま廃車時まで使用されました)。
最大の特徴である幌金具留め具は新造当初は3059の中間に入っていた名残りで、これが3060を印象付ける重要なパーツでしたね。
あと、1973年製造の30系(3059・3359・3459・3559・3060)に共通して、外釣り式の貫通路妻引き戸が設けられていました。
開けようにもとにかく重く、特に走行中は風圧も相まってか、本当に開けにくかったです。

しかしながら新30系でも最初期に製造された車両がそう長生きできるはずがなく、試作車の32601が入ったことによって2009年3月に3059が廃車された1年後、量産車の32602が入ると同時に3060も廃車され、前面に幌金具留め具が付いた厳ついスタイルを持つ30系は過去帳入りしました。

3060が消えたのも、もう3年も前の話。
今は30系そのものが消えようとしています。時の流れとは本当に早いものですね。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

02×60

Author:02×60
谷町線沿線に潜む高校生(単位制)。
金と興味さえあればどこにでも出没。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
30系車両引退記念特設サイト
logo_20130628204145.png
30系ステンレス車完全引退記念映像
直接連絡したい方はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる