スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストラン

今まで様々なイベントを開催し、ド派手に引退興行を行ってきた旧3000系。
3月31日、ついに「ラストラン」の日が来てしまいました。

IMG_3936.jpg
着席整理券を引き当てた私ですが、家にいるのも少々勿体ないと思い、待機列にいる友人と駄弁るために6時半に出撃。
7時に着くと…写真はあえて撮っていませんが、到着段階で50人から60人も待機していました。
前日から張っていた人もいたようです。始発から3本目の電車までがピークで、それ以降はだんだんと増えて行ったとか。
正直に言いますと…ガチ勢おそろしや。

だんだん人が増えて、8時半の段階で100人を突破。
9時半ごろに後ろを振り返ってみると…最後尾が見えなくなるほどの大行列。
(さて、改札外に乗車待機組を出すことでどれぐらいの増収になったのやら)

着席整理券の引換列を見ましたが、老若男女関係なく、160枚しかない「幸運」を手にすることができていたようです。
家族連れまでもが着席整理券を手に入れていた模様。一方で、ガチ勢はそんなにいなかった印象がありました。
(そのせいか、ガチ勢が長蛇の列を形成していたというわけですかね)

IMG_3652_20130401181949.jpg
10時ごろから着席整理券獲得組の整理・誘導が始まり、10時20分には一足先に3番線に入ることができました。
このときは皆さん譲り合って、お気楽ムードで撮れてた…かな?

IMG_3675.jpg
1号車の「テレビカー」ステッカー部分もきっちり。
取材クルーも山ほど来ており、整理券獲得者の先行入場時間帯にあれこれ撮ってました。

IMG_3655.jpg
車内の「似非テレビ」部分もこの機会にきっちり。
この部分を誰も人がいない状態で撮れたのはこの時が最初で最後だったかもしれません。

扉が開いている間に、10時40分までは着席整理券制だった車内は10時40分になったと同時に全席自由席となり、整理券に記された号車・座席番号に関係なく、どこでも好きな場所に座れるようになりました。
これで自分が獲得した座席に座られても、何も文句は言えませんね。時間は見ておかないと。

42分ごろに扉が閉まりましたが、閉め方が容赦なかったですね。
撮影に必死になりすぎて締め出された人も少なからずいるのではないでしょうか?

しばらくして、非整理券組の乗車待機列が誘導に従い、ぞろぞろと下に降りてきました。
扉が開くと同時にぞろぞろと入ってきて…

IMG_3702.jpg
ぎっしり。
被りつき組があまりにも多すぎて不覚にも笑ってしまいました。テレビカーもこんな感じでしたね。
「テレビが見たければ立って見る」。これがどうも得策だったような気がしなくもなかったです。

IMG_3695.jpg
前方は整理券組が気楽に撮っていた時とは打って変わって戦場に。
私もとりあえず手を伸ばしてスナップ。

七条まで乗車し、そこから折り返して淀へ。
友人が取った撮影会ツアーの参加枠に入れてもらえることになり、私も関東の友人らとともに参加してきました。

IMG_3711.jpg
「おりひめ」「ひこぼし」運用の消滅と同時に運用から離脱した2628-2808も参加。
昔懐かしい方向板を掲出し、電源は入っていなかったものの、8531と顔を並べました。

IMG_3729.jpg
正面から撮れる場所は最初は5分ごとに号車別で入れ替え制で、その際に撮影したもの。
昭和の並びといえばやっぱりこれが当たり前だったのでしょうか。

IMG_3744.jpg
正面撮り。排障器がなにやらきれいになっていますが、おそらくパテ盛りせずに上から再塗装したのでしょう。
妙にツルツルで気持ち悪い仕上がりになっていなくてよかったです。

IMG_3748.jpg
ちょっと角度をつけて。
奥に映り込む車両も原色にするという心憎い演出…かどうかは定かではありませんが、これはありがたかったですね。

IMG_3758.jpg
2456もちょっとばかりスポットライトの光を浴びたそうにしていました。

IMG_3775.jpg
フリータイムは出遅れてベストポジションを確保できず、おとなしく側面寄りな場所から編成全体を。

IMG_3767.jpg
前方は足の踏み場一つあるかないかというぐらいの修羅場でしたが、急遽参戦した大伴さんの周囲は和やかムード。
大伴さんのトークもなかなか面白く、いい休憩になったのではないでしょうか?

IMG_3791.jpg
しばらくして本運転装飾へと切り替え、ハトマークを鳩隠しに交換し、「団体」のヘッドマークも掲出。さらに「最終回送」のヘッドマークも掲出。「最終回送」のヘッドマークが掲出された瞬間、会場はどよめきに包まれました。
そして種別灯も団臨は両点灯が原則ですが、片側のみ点灯させました。

IMG_3828.jpg
本運転装飾時の前面。
これぞ真の「シンプル・イズ・ベスト」でしょうか?

IMG_3801.jpg
旅立ちを前に、原色車2本と8531をすべて1フレーム内に。

IMG_3882.jpg
出発時間が迫り、乗車。停車中、なんと乗務員さんのご厚意で乗務員室扉を開放し、運転台を撮影することができました。
8000系0番台と同じですが、「8531」の車番と「7連」のステッカーが新鮮ですね。

15時16分。いよいよ廃車回送も兼ねた最後の寝屋川車庫行き団体列車となり、淀車庫を出発。
誰にも抜かれることもなく、沿線にいた撮影者や見送りに来た人々の見送りを受けながら、もう二度と戻らぬ道をひた走り…

大伴さんの声が録音されたアナウンスが香里園通過直後から流れました。
内容はこちら。

皆さんこんにちは。大伴英嗣です。
本日は、「最後の写真撮影会 ありがとう旧3000系特急車 貸切ツアー」にご参加いただきまして、ありがとうございました。
本日、皆さんがご乗車されているこの電車が、京阪電車 旧3000系特急車の、本当の最終列車です。
旧3000系特急車は、およそ40年もの長い旅路を終え、間もなく最後の終着駅、寝屋川車庫に到着いたします。
どなた様も、お忘れ物のないよう、ご用意をお願いいたします。
なお、記念品の花束につきましては、皆さまから旧3000系特急車への「プレゼント」として、よろしければ、今お座りいただいている座席にお残しください。
本日のご乗車、そして、旧3000系特急車、最後のご乗車、誠にありがとうございました。


…その後、少しグダグダになっていたような気がするのは気のせいということで。

IMG_3899.jpg
大伴さん本人が最後に車内アナウンスを行い、寝屋川車庫に到着。入換が終わり、降車位置に着いたその時、すべてが終わりました。

父親と京都旅行へ行くときなど、小さいころから少しはお世話になった旧3000系。
引退興行のさなか、私も何度も撮りに行きましたが、あっという間に時が過ぎて行ったように思います。
排障器が程よく汚れてきた1月ごろにあった「ボード事件」。撮影者側にはあれこれ言いまくるのに乗車側には全く何も言わないことと、さらに目に余る煽りっぷりを見て、「ただ煽ることしかできないのだろうか」と思った時もありましたが、きちんとそのあたりはやってくれたおかげで、乗る側だけでなく、撮る側も笑って見送ることができたのではないかと思います。

様々なことがありましたが、引退興行開始直後から今まで楽しむことができました。
長い間、本当にお疲れさまでした。そして関係者の皆様、約9か月間お疲れさまでした。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

02×60

Author:02×60
谷町線沿線に潜む高校生(単位制)。
金と興味さえあればどこにでも出没。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
30系車両引退記念特設サイト
logo_20130628204145.png
30系ステンレス車完全引退記念映像
直接連絡したい方はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。