スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラシック・スタイル

8000系30番台は24日をもって大規模更新施工後のスタイルでの運転を終了し、「クラシックタイプ」への改造工事へ。
27日に工事が完成し、29日から「クラシックタイプ」として、営業運転を再開しました。

IMG_5131.jpg
大和田などは明らかに混むだろうなーと思っていましたし、曇るかな…と、寝屋川市ー香里園間の踏切へ。
晴れたり曇ったりするいやらしい空模様でしたが、本番直前に曇りになり、そのまま本番…この場所にして正解でした。
さらに前を走る準急のおかげでノロノロ運転を強いられており、狙ったところでバシッと撮れたのもgood!

最大の特徴であるハトマークは原形時代の鉄製の物ではなく、新規製作したアクリル製のものが掲げられています。
上の出っ張りは隠し板の固定用金具のように作った「取っ手」。原形時代、下にあった出っ張りはありません。

これより下の画像は27日に撮影。
ハトマーク以外については拡大画像もありますので、それを見ていただこうかと…。

IMG_5032.jpg
「3505」と「3006」の前面車番は・・・ステッカーではなく、なんと切り文字!
ステッカーで終わらせると思っていましたが、まさかまさかの切り文字とは驚きました。(苦笑)

IMG_5031.jpg
さすがに原形貫通扉への換装は無理があったのか、現行の貫通扉の行先表示スペースの左右に2つの金具を付け、それにハトマークを差し込む形で掲出。下の金具は抑えですね。
現行の車番は黒色で小さく表示。普通に撮ると全然目立ちません。

なんとなんと・・・連結面渡り板が付いています。個人的にはこれが一番驚いたところですね。
改修工事で渡り板取り付け用の金具を切断していなかったからこそできたことですが、使用する機会もなく、もはや飾り同然のものなのに付けてくるとは予想外。

「クラシックタイプ」化して、私が一番よかったと思う点は「渡り板の設置」なのかも。
ステンレス製ダミー幌枠に原形時代そっくりのハトマーク。この2つが揃っているのに渡り板なしって何だか間抜けじゃないですか?
それを考えると、付けてくれたのは本当によかったなーと考えています。

IMG_5027.jpg
下位種別運用時は方向幕を使用するため、このように改修後のスタイルに原形要素が融合した姿を見ることができます。
明日から下位種別運用開始ですが、ちょっと見てみたいものです。

「原形っぽくするけど、現場での作業効率はあんまり悪くならないように」原形へ近づけると、こうなったんでしょうか。
排障器の形状は従来と同じですから、電気連結器なしの1次車の登場当初の姿に近づけた感じで、すっきりしててカッコよかったです。

昔の顔を取り戻し、あと半年間…公式側もいろいろとイベントを仕込んでくるでしょう。
今度は何をするのやら。(笑)

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

「8531-8081」ラストラン

1995年に更新工事を施工し、更新施工後のスタイルで走り続けてきた8000系30番台。
貫通扉を原形貫通扉に換装し、前面車番を京都側「3505」、大阪側「3006」にする「クラシックタイプ」への改造工事のため、
9月24日をもって現行スタイルでの運用を終了しました。

IMG_4917_20120925182438.jpg
日没と同時に八幡の鉄橋へ進入。
現行の青い電照式ハトマークを輝かせ、帰宅客を乗せて淀屋橋へと突っ走る!

IMG_4927.jpg
この後、折り返しのB1804Z(淀屋橋18:20発)は中書島から乗車し、貫通扉の裏側を撮っておきました。
(縦位置で撮ったものもありますが、見事に私と知り合いが写り込んでいたので割愛。)

助手席側ワイパーのコントロールスイッチの下から、前面方向幕装置へ向かって伸びる2本のケーブル。
電力供給用のケーブルと方向幕指令のケーブルの2本と思われますが、原形貫通扉への換装にあたってどうなるのかな…と。
配線面がどうなるのか、ちょっと気になっていたりします。

どうやら換装はしないようです。(9/26 変更)

IMG_4931.jpg
現行スタイルでの淀屋橋行き特急最終便となるB1905A(出町柳19:24発)では、前面車番と青い鳩マークを8081側でも。

この後は時間を潰し、ハトマークを取り外すシーンを見ようと出町柳へ。
(現行最終DAはどこかでバルブすることも考えましたけど、いくらでも撮れる機会はあったのに、最後の混んでる時に撮るのは今更すぎるかな…というわけで却下。)

既に4人ほどスタンバイしていましたが、その中に入れてもらって待っていると・・・
到着時刻が近づくにつれて同じことを考えてる人が増える増える。

IMG_4947.jpg
最終的に15人ぐらいになり、現行の「青いハトマーク」を掲げた最終のB2006Z(淀屋橋20:30発)が入線。

IMG_4960.jpg
入線後、ハトマークが抜かれました。
1995年の更新施工以来掲げられてきた「青いハトマーク」の最期の瞬間は、あまりにもあっけないものでした…。

狭いところに15人ほどいたわりに、いざこざも何もなくまったりと見物できたのはよかったです。


動画もあります。

その後、現行スタイルとして最後の優等運用となったD2103A(出町柳21:34発)に乗車し、集っている各駅を見ながら淀屋橋へ。

IMG_4973.jpg
折り返しが現行スタイルでの最終運用となる萱島行きのR2204N(淀屋橋22:38発)。
たった3分での折り返しで、皆さん結構バタバタしてました。

そして萱島に到着し、回送車として寝屋川車庫へ入庫。現行スタイルでの運用は終了しました。

1995年生まれの私が原形スタイルの3000系を見たことがあるわけがなく、3000系(8000系30番台)といえば今の顔でした。
今のスタイルが引退半年前の今の時期に見納めになろうとは思ってもいませんでしたが、原形に極力近づけた
「クラシックタイプ」が一体どんな姿になるのか、楽しみであります。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

現行スタイル、最後の休日

京阪の公式Twitterアカウントにて、車番を8531-8081から3000系に戻すとおもしき趣旨のツイート
「車番の復元か…?」などと一時話題になっていたのですが、だいたいの人が
「更新工事後、8000系30番台になる前の姿」に戻るものと思っていたでしょう。私もそのうちの一人でした。

ですが…後日、前面のみ車番復刻と同時に原形に極力近づける改修を施すとの公式発表が。
車番も原形時代の京都側「3505」と、大阪側「3006」に復刻し、今月29日から引退までの期間、「クラシックタイプ」として走ります。

しかしながら「クラシックタイプ」に変更するということは、それと同時に現行スタイルは見納めとなってしまいます。
24日をもって現行の姿での運用を終えますが、休日の運転は23日が運用なしとなっているため、22日が最後。

「沿線混んでるかねぇ…」と思いながら、出向いてきました。

IMG_4684.jpg
光線状態が一番いいであろうB1403A(出町柳14:14発)狙いでしたが、怪しい雲が近づく中、ギリギリ晴れで撮影できました。
通過後すぐに太陽がメガ雲に覆い尽くされ、10分遅い運用であればどん曇りでアウト…。
通過前に曇ることならよくある話ですが、なんとか回避。お天道様どうもありがとうございました。

どん曇りになってしまったわけで、帰ることにした友人と別れ、一人ぶら~っとすることに。
帰ろうかとも思いましたが、今帰ってもどうせ退屈。だったら乗ろう…ということで出町柳へ。

シート配置が2+1配置のダブルデッカーの階下席でまったり淀屋橋へ行き、ついでに前面を記録。

IMG_4692.jpg
前面車番の「8531」と「青い差し込み型鳩マーク」と「Kマーク」。
車番を「3505」にし、更新工事後の姿で最期を迎えるものと思っていましたが、まさか原形に復刻することで消えようとは…。

その後、また別の友人と合流し、流し撮りの練習がてら色々撮っていましたが、やっぱり難しい。(苦笑)
時間を潰し、夜の急行運用を狙いに丹波橋へ行ったものの、なんと誰もいない。

本番になっても誰も来ず、そして…

IMG_4875.jpg
たった2人だけの丹波橋で、まったりと復刻前最後の急行運用を見送りました。
(淀屋橋行きとしてはこの日が最後でしたね。書いた後に気づきましたが…。)

色々と充実した1日でした。
現行スタイルは明日で最後です。現行の姿が引退半年前に見納めになるなど、誰が想像していたことか…。

(おまけ)

IMG_4877_20120923173456.jpg
最近になって2625号車の運転台機能を封殺した2609-2825Fの寝屋川市行きも撮れました。
新色の2600-0もいいなー。私は好きですよ。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

試運転・・・?

ある日「583が試運転で昼間に走るよー」・・・との情報が。
「一応撮りに行っておきますか…」的な感じで、ふらっと出向いた私。

で、実際に来たわけでありますが…

IMG_4592_20120919203856.jpg
あらっ、「試運転」表示ではなく「きたぐに」表示。どう見ても盛大に遅れた臨時「きたぐに」にしか見えません。
前面幕は手動式で、今回試運転するためだけに表示を変えると、試運転後にまた「きたぐに」に戻して微調整を加える必要性があり、
手間がかかるせいなのでしょうか。それとも他に理由が…?

謎ですねぇ…

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

さらなる進化、N700「A」

300系置き換え用として、2007年にデビューしたN700系。
車体傾斜システムを搭載し、700系と同レベルの居住性を確保しつつ時速300キロでの運転が可能ながら、加減速性能も優れ、「21世紀の新幹線車両」と呼ぶにふさわしい車両でありましたが、Z0編成を使用した長期試験で得たデータをもとにさらなる改良を加え、中央締結式ディスクブレーキ、台車振動検知システム、そして定速走行装置も搭載した「N700A」。

その第1編成となるG1編成は8月に竣工して以降は夜間試運転が行われていましたが、
9月15日に浜松工場→東京→新大阪→東京(入庫)の経路で初めて日中に走行しました。

IMG_4548_20120915185847.jpg
パッと見た感じは普通のN700系(Z・N編成)と同じですが、側面の「N700A」のロゴがすごーく目立ってます。
よく見ると側面の太い帯の長さもちょっと違うような。比較画像がなくて申し訳ないですが・・・。

定速走行装置は現状のダイヤで使用すると決められた時刻よりも早く到着してしまうらしく、
遅延時のみの使用となるようで、そのあたりはさすが定速走行装置だなぁ…と。
営業運転開始は2013年2月からを予定しているようですが、しかし・・・まだまだ先の話ですなぁ。(苦笑)

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

02×60

Author:02×60
谷町線沿線に潜む高校生(単位制)。
金と興味さえあればどこにでも出没。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
30系車両引退記念特設サイト
logo_20130628204145.png
30系ステンレス車完全引退記念映像
直接連絡したい方はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。