スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御堂筋線30000系も参戦! ~おおさか市営交通フェスティバル~

11月13日。283系の新宮からの救出を見た私は、友人からのメールでとんでもない情報を入手し、緑木検車場で行われた
「おおさか市営交通フェスティバル」に参加してきました。
E657系の甲種輸送もありましたが、それは最初からスルーすると決めていました。

クレーンによる車体釣り上げ実演
まずは車体吊り上げ実演から見物。今回は23609Fが宙を舞いました。
大勢のギャラリーの視線が宙を舞う23系にくぎ付けです。

21系の上に23系
そして、21系の上に移動して停止。
下の21系は最近になって入場した21604Fの21204号車。しかしながら、この光景は強烈です…。

見学者の真上付近まで来た23609号車
職員方もサービス精神旺盛で、見物客の真上ギリギリまで移動してきました。
23系はこうして下から見上げてみると、ホバークラフトか何かに見えます…。
もしくは、そのまま滑空してどこかへ飛んでいきそうな気がしました。そんな想像をしてしまうような光景でした。

これで終了ということで、工場内を進んでいくと…

御堂筋線用30000系の主電動機(予備品)
なんと緑木に御堂筋線用30000系の予備部品のストックが。
主電動機です。出来たてのピッカピカ。ハンドルがありますが、回すことができたので子供がよく回していました。
その中を隙をついて撮ったものですが、少し待たせてしまったようで申し訳ない(汗)

台車塗装ロボット作業実演(動きだけ)
台車塗装用ロボットの実演。
他の工場公開では一切見たことがなく、なかなか新鮮でした。さすがに実際に塗装はしてませんけどね。

見学コースを見終わってからは、一気に南側へ移動。
友人からメールで「30000いてる」と来たので、それを見に行くべく、行きました。すると・・・!

緊急参戦した御堂筋線用30000系(新金岡)
緑木での試運転生活をやっていた日と同じ場所に、御堂筋線用30000系の姿が!
「千里中央」から順に方向幕を変えており、このときは「新金岡」幕を表示し、展示されていました。

御堂筋線用30000系(回送)
「回送」表示。これを試運転の時に見たときは毎回萎えました。
この後「試運転」をはさみ、出たのは「臨時」幕。しかし、明らかに違う。その姿とは…

御堂筋線用30000系(臨時/仕様変更版)
なんと赤地白文字から従来の方向幕仕様車と同じ白地赤文字に変更されていました!
赤地白文字の頃はただの回送幕と一緒にしか見えませんでしたが、従来車に合わせたことによって希少性が格段にアップ!

一度も表示せずに生涯を終える車両が多い、この「臨時」幕。
仕様変更後にこうして公の場でみることができるのは、今回が最初で最後になったと思われます。

一応、赤地白文字時代の「臨時」幕を表示した画像はこちら
ただの回送表示と見間違えてしまうもので、正直言って残念すぎる方向幕で好きではありませんでした。

ちなみに、近くにいた交通局のお方から話を伺ったところ、「臨時」幕は運行規定上、白地赤文字で表示するようです。
しかしながら、LEDの発熱量の問題でどうしても赤地白文字にしなければならなかったようですが、試験の結果熱量の問題を
解決できたことによって白地赤文字の方向幕に変わりました・・・とのことです。
谷町線用30000系についても順次赤地白文字から白地赤文字に改修するそうで、一度見てみたいものであります。
ひょっとしたら改修が終わっているかもしれませんが。

しかしながら、なんだかんだで赤地白文字の「臨時」表示って貴重なものになったんですね…。

御堂筋線用30000系(桃山台)
続いて「桃山台」。ここで固定になりました。
編成としては初めて撮りましたが、なかなかどころかかなり新鮮です。

しばらくして、中にいた職員さんが扉の近くで何やらしていましたが、予想通り…

貫通扉を開いた状態
貫通扉が突如開きました!
この状態は桃山台で見逃していたので初めて見ました。なかなかやってくれますね、大阪市交…。

非常梯子設置
さらに非常梯子を展開して設置。こうやって非常時は脱出するんですね。
イベントの展示にしてはかなり気合が入っています。大阪市交通局さん、いったいどうした、何があった?と思うほど…。

御堂筋線用30000系のフロントフェイス
真正面から撮れるのはここだけ。フロントフェイスです。
こうしてみると、デザイン変更による印象の変化が大きく感じられます。

御堂筋線用30000系のカタログの表紙
近くにいた交通局の方に話を伺ったあとで撮らせていただいたものがこちら。
御堂筋線用30000系のパンフレットです。一般には配布されないらしいですが、その中の写真はどこかで使うかも?
「ノッテオリテ」などでしょう。それに期待する私です。

23601F
しばらくすると構内試乗のため、30000系は奥へと移動。
30000系が移動したことによって、23601Fを編成全体で撮影することができました。

23系3本並び
23系の3本並び。
23601・02・21Fが並んでいました。本来なら23603Fを持ってきたかったようですが、運用の都合で・・・。

洗浄台線のほうへ行くと、明らかに群がっていたので待つことに。
親子ペア限定、30000系の構内試乗体験の乗り場がここなので、正面からとらえようというわけです。

試乗イベントで洗浄台線に入る30000系
一応、スナップみたいな感じで撮影。
こんな場所で撮れるのもめったにないだけに、新鮮でした。

ここまで30000系ばかりでしたが、大阪市側が宣伝していた1104号車のカットボディの付近へ。

3062号車
3062号車。去年から通電できるようになりました。

1104号車のカットモデル
そして1104号車のカットモデル。
原形の懐かしい顔が拝めましたが、現役で走っている車両が山ほどいるだけに複雑です…。

しばらく見たあとは再び30000系のほうへ。
洗浄台線で降ろした後、元の場所に戻るので構えていると、先ほどお話しした方に「23601と並べるで」と言われたので、
美味しすぎる並びをバッチリ撮ろうと正面から撮影することに。

御堂筋線用30000系と23601Fの並び
個人的に最大の収穫、31601Fと23601Fの並び。どちらもトップナンバーです。
御堂筋線車両はここに来るとしても端まで来るのでこの位置では止まりません。完璧に並んだのは今回が初めてです。

「桃山台」幕表示の30000系
とりあえず編成でも1枚。バッチリ撮れました。

夕日を浴びる「臨時」表示の30000系
一応、「臨時」表示が出たときにリテイク。
夕日を浴びて、輝いていました。

この後、6号車に何やら目立つものが付いていたような気がしたのでそこへ行くことに。
そして見た光景は…

ついに「余計なもの」がついた6号車
嗚呼、なんということでしょう。
今まで何もなしの美しい姿を維持していたのに、ついに「女性専用車両」のステッカーが貼られてしまいました。
しかしながらこれで30000系の女性専用車両の処遇は確定し、ラッピングはなしとなるようです。

ラッピングされたらそれこそ美観が完全崩壊しますし、縦ラインもありますからまっとうな判断ともいえるでしょう。

30000系試乗イベントの張り紙と30000系
最後に、試乗イベントの張り紙と30000系を入れて。
つい先日決定したとの告知。職員さん曰く
「発表で展示すると言ってしまうとどうしても展示しなければならない。試運転が終わってないときにそれをするのは無理だから発表では載せなかったけど、試運転もクリアしたから急きょ展示することが決まった」
・・・だそうです。
課題の山を無事クリアしてこの場に来てくれたことは、試運転を何度か見ていた私にとって正直嬉しかったです。

今回の緑木公開は以前とは比べ物にならない力の入れようで、非常に楽しかったです。
来年は30000系はいないはずですが、その分他のイベントがさらに充実していたらいいなぁ。
また来年、あるのであれば行きたいなぁ…と思っています。今度は何もネタが重ならないことを願って…。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

02×60

Author:02×60
谷町線沿線に潜む高校生(単位制)。
金と興味さえあればどこにでも出没。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
30系車両引退記念特設サイト
logo_20130628204145.png
30系ステンレス車完全引退記念映像
直接連絡したい方はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。