スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御堂筋線用30000系、四つ橋線試運転 ~検車場での様子も~

11月13日、「おおさか市営交通フェスティバル」で何の予告もなしに突然公の場で初披露された御堂筋線用30000系。
注目を集めていましたが、それは各種項目をすべてクリアできたからこそ実現したもの。
しかし、まだ終わっていない項目があり、その確認のため、11月15日に四つ橋線北加賀屋ーなんば間で試運転を行いました。

構内試運転を行う御堂筋線用30000系
この日は休みだったので朝から。
構内試運転で緑木検車場の構内を11往復ほどしていました。
一度だけ「なんば」幕を表示し、停車後に「桃山台」「西田辺」に変わったものの、この光線では全然わかりませんでした…。

構内試運転が終わり待機中の30000系
構内試運転が終わり、職員方の休憩の時間。
試運転を前に、ひっそりとたたずんでいました。

蒼い空、白い雲
蒼い空、白い雲。
営業運転開始前の緑木で過ごす最後の日となったこの日。何を思い、この場所でたたずんでいるのでしょう…。

四つ橋線なんば駅に入線する30000系
そして試運転開始。まずは四つ橋線のなんばで。
サラリーマンの前に、突然現れた新型車両。
場所も車両も・・・なだけあってか、やはり驚いているお客さんは多かったです。


2往復目の玉出は盛大に失敗してしまい、動画のみ。
「回送車が通過します」のアナウンスとともに、走り去って行きました。

岸里駅を通過する30000系
最後は岸里で。
四つ橋線のホーム表示と入れて風景的に撮ってみました。
一応、編成でも撮れてることは撮れてるんですが、ここでは割愛させていただきます。

この後は緑木検車場へ。
緑木で撮影したものはやけにローアングルですが、敷地外からの撮影です。

作業中の30000系(敷地外より)
試運転終了後、分割待ちで待機していました。超ローアングルで見上げられるような場所はここだけ。
こうしてみたのは初めてですが、やはりカッコイイですな・・・。

5+5に分けられ屋内に収容される30000系
そして分割。まず6~10号車を切り離して別の場所へ移動させた後、1~5号車を先に収容し、その後6~10号車を収容。
簡易運転台を屋外で見たのは初めてですが、なかなか新鮮ですねぇ…。

余計なものがついた6号車側面
6号車といえば…「女性専用車」。
ステッカーが張り付けられて編成美が少し損なわれましたが、証拠ということで1枚。

友人と談話しながら待つこと数時間。
試運転後の確認作業が終了し、結果はどうやら上々だったようで、この日の夜に返却回送を実施することに。
10両のフル編成に再度組成するため、屋内から出てきましたが、その様子は後ほど。

フル編成になって作業開始
組成が完了して調整するころにはもう空は暗くなっていました。
一度電源を落としたところを撮影。そして・・・

起動した30000系
真っ暗になりかけの空の下、30000系が再び起動!
尾灯のみを輝かせ、返却回送へ向けて最終点検が始まりました。

点検中の30000系
点検中の30000系。
こうして日没後に見てみると、さらに輝きを増している感じがしました。
30000系はやはり日中のバリ順の光線で見るより、夕方以降に見たほうがカッコいい感じがします。


最終確認作業風景は動画でも録画しておきました。
ほんの一部だけで申し訳ないですが、これだけまとめてアップロードしましたので合わせてどうぞ。

そして点検が終わり、少し前へ移動して準備は完了。
それと同時に私は一度家に帰って夜飯を食べてから、返却回送を見送ることに。

大国町3番線に入線する30000系
サプライズゲストとしての大役を十分に果たした後、試運転も終え、ついに返却。
大国町駅3番線に入線する30000系。4番線ならいくらでもありますが、3番線となるとさすがに…。


この後23系と並び、一瞬の競演が実現。
しばらくして警笛を鳴らし、折り返し駅であるなんばへと走り去って行きました。

すぐに折り返してくるので反対側へ移動後、友人と合流。
端でも撮れたことは撮れたのですが、先頭車はホームからはみ出た位置で止まる可能性が高く、さらに気になっており、
撮っておきたかったものもあったので中ほどから狙撃。そして・・・

終電ラッシュの中大国町2番線に滑り込む30000系
終電間近の帰宅ラッシュのなか、暗闇の中から30000系が大国町2番線に入線。
2番線の表示と帰宅ラッシュであふれる乗客をスナップとしてなんとなく記録しておきました。

気になっているものの正体。それは…

取り替えられたとおもしきプレート
このプレート。桃山台で見たときは【平成23年5月】でしたが、いつの間にか【平成23年6月】に変更されていました。
地震の影響なのか、竣工時期が少し遅れたのかもしれません。そのため5月製造のプレートを付けていましたが、それでは
車籍登録時期と合致しないため、取り替えたと思われます。

赤白幕の「臨時」幕表示もデビュー前限定でしたか、まさかこれもデビュー前限定になるとは思ってもいませんでした。

そして、30000系は中百舌鳥へ向けて走り去っていくのでした…。

緑木公開までに機器類の試験項目をすべてクリアしましたから、これですべての項目をクリアしたことでしょう。
女性専用車両のステッカーも貼りつけましたから、あとは広告整備などを施し、デビューを待つのみと思われます。
12月のデビューまではあと半月もないでしょう。とても楽しみです。


最後に、今回の試運転や構内試運転、返却回送の動画をほぼすべて詰め込んだ総集編映像です。
ここだけでしか見られない映像も満載。これと併せてご覧いただくと、すべて実感的にわかるかと思います。

明日の更新では、緑木公開1日後の30000系の様子をご紹介する予定です。
緑木公開時にはあまり満足いくように撮れなかったものも、すべて撮ることができました。お楽しみに・・・

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

プラグドア車、ついに最後の1本へ ~さよならF4編成~

10月31日にF1編成が回送され、ついに残り2本のみとなってしまっていた300系プラグドア車。
相次いで検査切れを迎えることから月1での廃車なら今年いっぱいで全滅するようですが・・・残念ながら、そのうちのF4編成が
10月27日を最後に運用を終了し、11月14日から15日にかけて、広島から浜松工場へ廃車回送されました…。

廃車回送されるF4編成(1)
新大阪行きは撮れなかったので最後の浜松行きだけ。
入線はすべて露出がなかったので動画で撮影し、16両すべてのナンバーを撮り終えてから後ろで1枚。
18年も走っていましたから当然ながら老朽化しており、前面の塗装が一部剥離していました。
F1編成は側面だったのでまだよかったものの、前面がこうなっているとさすがに痛々しく感じます…。

車番と【4630】表示
反対側でスナップ。
「322-3004」の車番と、列番表示の「4630A」を入れて。
前を照らすライトの光が柵に反射しています。最後に走る道を照らすライトの光…。

前照灯が点灯したF4編成
前照灯がついてからこちらは撮影。
こちらはまだきれいなので、とても廃車になる車両には見えないのですが…これで最後となりました。

そしてF4編成は発車ベルのあと、豪快なGTO-VVVFインバータ音を響かせて浜松工場へと走り去って行きました。


電光掲示板の表示や入線・発車風景などを収録した動画を制作しました。あわせてどうぞ。

在りし日のF4編成
在りし日のF4編成。
最後に撮影できたのは10月23日。この日、先に廃車となったF1編成も650Aで東京へ行き、F4編成も470Aで東京へ上るという、
午前中の名古屋以遠発東京行きのF編成運用はプラグドア車が2本も入る超豪華ラインナップでした。
しかしながら、この運用がF4編成の休日運用最終日となり、10月27日、F1編成より1日遅いタイミングで運用終了。
広島に疎開されたのち、浜松へと旅立って行きました。

F4編成が旅立ってしまったことで、扉と車体の隙間がなく面一で美しいスタイルを持っている300系プラグドア車はついに残り1本、
F3編成のみとなりました。
しかしながら運用変更が迫っており、それに伴う余剰車発生に伴い離脱する可能性が極めて高くなっており、余命はあと
何日あるかどうかの問題のようです。

1993年の冬に製造され、約18年もの間活躍したF4編成。
長い間、本当にお疲れ様でした。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

御堂筋線30000系も参戦! ~おおさか市営交通フェスティバル~

11月13日。283系の新宮からの救出を見た私は、友人からのメールでとんでもない情報を入手し、緑木検車場で行われた
「おおさか市営交通フェスティバル」に参加してきました。
E657系の甲種輸送もありましたが、それは最初からスルーすると決めていました。

クレーンによる車体釣り上げ実演
まずは車体吊り上げ実演から見物。今回は23609Fが宙を舞いました。
大勢のギャラリーの視線が宙を舞う23系にくぎ付けです。

21系の上に23系
そして、21系の上に移動して停止。
下の21系は最近になって入場した21604Fの21204号車。しかしながら、この光景は強烈です…。

見学者の真上付近まで来た23609号車
職員方もサービス精神旺盛で、見物客の真上ギリギリまで移動してきました。
23系はこうして下から見上げてみると、ホバークラフトか何かに見えます…。
もしくは、そのまま滑空してどこかへ飛んでいきそうな気がしました。そんな想像をしてしまうような光景でした。

これで終了ということで、工場内を進んでいくと…

御堂筋線用30000系の主電動機(予備品)
なんと緑木に御堂筋線用30000系の予備部品のストックが。
主電動機です。出来たてのピッカピカ。ハンドルがありますが、回すことができたので子供がよく回していました。
その中を隙をついて撮ったものですが、少し待たせてしまったようで申し訳ない(汗)

台車塗装ロボット作業実演(動きだけ)
台車塗装用ロボットの実演。
他の工場公開では一切見たことがなく、なかなか新鮮でした。さすがに実際に塗装はしてませんけどね。

見学コースを見終わってからは、一気に南側へ移動。
友人からメールで「30000いてる」と来たので、それを見に行くべく、行きました。すると・・・!

緊急参戦した御堂筋線用30000系(新金岡)
緑木での試運転生活をやっていた日と同じ場所に、御堂筋線用30000系の姿が!
「千里中央」から順に方向幕を変えており、このときは「新金岡」幕を表示し、展示されていました。

御堂筋線用30000系(回送)
「回送」表示。これを試運転の時に見たときは毎回萎えました。
この後「試運転」をはさみ、出たのは「臨時」幕。しかし、明らかに違う。その姿とは…

御堂筋線用30000系(臨時/仕様変更版)
なんと赤地白文字から従来の方向幕仕様車と同じ白地赤文字に変更されていました!
赤地白文字の頃はただの回送幕と一緒にしか見えませんでしたが、従来車に合わせたことによって希少性が格段にアップ!

一度も表示せずに生涯を終える車両が多い、この「臨時」幕。
仕様変更後にこうして公の場でみることができるのは、今回が最初で最後になったと思われます。

一応、赤地白文字時代の「臨時」幕を表示した画像はこちら
ただの回送表示と見間違えてしまうもので、正直言って残念すぎる方向幕で好きではありませんでした。

ちなみに、近くにいた交通局のお方から話を伺ったところ、「臨時」幕は運行規定上、白地赤文字で表示するようです。
しかしながら、LEDの発熱量の問題でどうしても赤地白文字にしなければならなかったようですが、試験の結果熱量の問題を
解決できたことによって白地赤文字の方向幕に変わりました・・・とのことです。
谷町線用30000系についても順次赤地白文字から白地赤文字に改修するそうで、一度見てみたいものであります。
ひょっとしたら改修が終わっているかもしれませんが。

しかしながら、なんだかんだで赤地白文字の「臨時」表示って貴重なものになったんですね…。

御堂筋線用30000系(桃山台)
続いて「桃山台」。ここで固定になりました。
編成としては初めて撮りましたが、なかなかどころかかなり新鮮です。

しばらくして、中にいた職員さんが扉の近くで何やらしていましたが、予想通り…

貫通扉を開いた状態
貫通扉が突如開きました!
この状態は桃山台で見逃していたので初めて見ました。なかなかやってくれますね、大阪市交…。

非常梯子設置
さらに非常梯子を展開して設置。こうやって非常時は脱出するんですね。
イベントの展示にしてはかなり気合が入っています。大阪市交通局さん、いったいどうした、何があった?と思うほど…。

御堂筋線用30000系のフロントフェイス
真正面から撮れるのはここだけ。フロントフェイスです。
こうしてみると、デザイン変更による印象の変化が大きく感じられます。

御堂筋線用30000系のカタログの表紙
近くにいた交通局の方に話を伺ったあとで撮らせていただいたものがこちら。
御堂筋線用30000系のパンフレットです。一般には配布されないらしいですが、その中の写真はどこかで使うかも?
「ノッテオリテ」などでしょう。それに期待する私です。

23601F
しばらくすると構内試乗のため、30000系は奥へと移動。
30000系が移動したことによって、23601Fを編成全体で撮影することができました。

23系3本並び
23系の3本並び。
23601・02・21Fが並んでいました。本来なら23603Fを持ってきたかったようですが、運用の都合で・・・。

洗浄台線のほうへ行くと、明らかに群がっていたので待つことに。
親子ペア限定、30000系の構内試乗体験の乗り場がここなので、正面からとらえようというわけです。

試乗イベントで洗浄台線に入る30000系
一応、スナップみたいな感じで撮影。
こんな場所で撮れるのもめったにないだけに、新鮮でした。

ここまで30000系ばかりでしたが、大阪市側が宣伝していた1104号車のカットボディの付近へ。

3062号車
3062号車。去年から通電できるようになりました。

1104号車のカットモデル
そして1104号車のカットモデル。
原形の懐かしい顔が拝めましたが、現役で走っている車両が山ほどいるだけに複雑です…。

しばらく見たあとは再び30000系のほうへ。
洗浄台線で降ろした後、元の場所に戻るので構えていると、先ほどお話しした方に「23601と並べるで」と言われたので、
美味しすぎる並びをバッチリ撮ろうと正面から撮影することに。

御堂筋線用30000系と23601Fの並び
個人的に最大の収穫、31601Fと23601Fの並び。どちらもトップナンバーです。
御堂筋線車両はここに来るとしても端まで来るのでこの位置では止まりません。完璧に並んだのは今回が初めてです。

「桃山台」幕表示の30000系
とりあえず編成でも1枚。バッチリ撮れました。

夕日を浴びる「臨時」表示の30000系
一応、「臨時」表示が出たときにリテイク。
夕日を浴びて、輝いていました。

この後、6号車に何やら目立つものが付いていたような気がしたのでそこへ行くことに。
そして見た光景は…

ついに「余計なもの」がついた6号車
嗚呼、なんということでしょう。
今まで何もなしの美しい姿を維持していたのに、ついに「女性専用車両」のステッカーが貼られてしまいました。
しかしながらこれで30000系の女性専用車両の処遇は確定し、ラッピングはなしとなるようです。

ラッピングされたらそれこそ美観が完全崩壊しますし、縦ラインもありますからまっとうな判断ともいえるでしょう。

30000系試乗イベントの張り紙と30000系
最後に、試乗イベントの張り紙と30000系を入れて。
つい先日決定したとの告知。職員さん曰く
「発表で展示すると言ってしまうとどうしても展示しなければならない。試運転が終わってないときにそれをするのは無理だから発表では載せなかったけど、試運転もクリアしたから急きょ展示することが決まった」
・・・だそうです。
課題の山を無事クリアしてこの場に来てくれたことは、試運転を何度か見ていた私にとって正直嬉しかったです。

今回の緑木公開は以前とは比べ物にならない力の入れようで、非常に楽しかったです。
来年は30000系はいないはずですが、その分他のイベントがさらに充実していたらいいなぁ。
また来年、あるのであれば行きたいなぁ…と思っています。今度は何もネタが重ならないことを願って…。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

新宮の283系の救出とあすかの返却

クモヤ145が10日に送り込まれ、救出の手筈はすべて整った新宮駅留置の283・381系。
12日に新宮発、13日に向日町着の「第一陣」で283系(6両/A902編成)が救出され、甲種輸送が行われました。

EF66 112(吹)+クモヤ145+283系(安土ー近江八幡)
今回は災害関連とはいえ、「世紀の大ネタ」といっても過言ではありませんし、駅で撮るのはもったいなかったので…
安土ー近江八幡間の沿線撮影地へ。このとき、70人ほどはいたかと思います。徹夜組も多々…。
画像はまあまあな感じに。角度次第でサイドが強調できますから、やはり沿線に出て正解でした。

オール225系の新快速(安土ー近江八幡)
ちなみにおまけ。甲種輸送の前にオール225系の新快速が通過して行きました。
まだ撮ったことがなかっただけによかったですが、一発目が沿線で撮れたのはやはり嬉しかったなあ。

この後は緑木検車場へ行くことも考えて桂川へ行くも、微妙だったので向日町へ。
この段階でフェンスには人がびっしり。というわけで、ケツ撃ちがしたかったので後ろへ。
駅員がかなり出て、柵から離れて…とのアナウンスの口調がだんだん激しくなっていっているのを聞きながら、本番。

大量の撮影者と283系甲種(向日町)
長旅を終えて、向日町に帰ってきました。

スナップ
今回の甲種の編成のネタ要素を凝縮したような写真を。
283系にクモヤ145にEF66-100。こういった光景は見られないので、新鮮そのものです。

283系甲種(向日町)
後ろ。まあまあな感じに。
シール式の反射板が付けられていました。

緑木検車場の一般公開へ行きましたが、それはまた明日。
緑木から、ダイヤが乱れている中をあすかの返却を撮影するため西宮へ。

あすか返却(西宮)
人は多かったですけど、まあまあいい感じに撮れました。
やはり、「あすか」の大胆なデザインは優雅でいいですね。4月以降は全く動いていませんでしたが…。

少しネタな画像(おまけ)
広角で撮ってみた…ってあれ?右下に何やら写ってますよ?(笑)
この位置だと先頭の機関車が入らないので、あとで考えれば撮らなくてもよかったんですけどね…。
一応、ネタ的な画像が得られたのでなんとなーく掲載しました。

この日は朝昼夜とネタだらけ。
緑木もかなり充実していましたし、久々に暇な時間が全くない、楽しい1日を過ごすことができました。

本日ご一緒した皆様、お疲れ様でした。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

EF81 108、全検出場・運用復帰

8月あたりから、松任に全検入場していたローズピンク塗装のEF81 108。
なんと車体全体を再塗装し、屋根上も床下もピカピカの美しい状態で、11月10日から運用に復帰しました。

全検明け108号機の日本海(大阪)
前までは色褪せたサーモンピンクで、屋根周りも床下も汚れていたので、そのイメージが強すぎた108号機。
106号機は重要部検査だったようで車体全体の再塗装は見送られましたが、108号機は全般検査だったので、車体の再塗装が
行われ、それによって101・107号機以上の輝きを放つ、美しい姿になりました。

しかしながら、この時期になると廃止のうわさが絶えない「日本海」。
108号機が出場し、美しい姿で運用に復帰したことで、少しは明るい話題を提供できたかと思います。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

02×60

Author:02×60
谷町線沿線に潜む高校生(単位制)。
金と興味さえあればどこにでも出没。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
30系車両引退記念特設サイト
logo_20130628204145.png
30系ステンレス車完全引退記念映像
直接連絡したい方はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。