スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪マラソン号と日産リーフ

今日は「大阪マラソン号」の最終日。
京阪のほうでもいろいろあったので行きたかったのですが、起きた時間を見て行く気を喪失。
というわけで、まだ撮ったことすらなかった「大阪マラソン号」を撮りに行くことにしました。

大阪マラソン号(新大阪)
初撮影は時間が近かったので新大阪で。いきなりいい感じに撮れました。
しかし・・・前面のVVVFロゴの部分に「大阪マラソン号」と書かれてもパッと見では普通の21系にしか見えないのですが…(苦笑)

大阪マラソン号の前面上部
前面上部。うーん、やっぱり何か地味です。

1112F(中津付近)
今度は中津の地下から出てくる姿を撮ろうと歩道橋へ行ったものの見事に失敗。
いちおうマルハンは決まったのですがねぇ…というわけで載せておきます。

1111F(中津付近)
トンネルに入っていくほうはこんな感じに撮れましたが、高架道路が邪魔になって後ろまで入らないという…。
だいぶ前は撮れたようなのですが、それっていつの話なのやら(笑)

このあとは中津で昼飯を食べてから歩いて梅田へ。
友人に連れられ、大阪ステーションシティーの中のとある場所へ。

日産リーフ
何度か見たことはあるのですが、間近で見るのは初めてでした。日産リーフのタクシーです。
側面のデカールのデザインが結構いい感じ。通天閣も描かれていました。

この画像を撮影した直後、客をのせたリーフは出て行き、すぐに入ってきました。

客をのせて出発する日産リーフ
待機していた別のタクシーが出発した直後、すぐに入ってきた日産リーフは今度はすぐに客が乗車。
あっという間に出て行きました。

日産リーフ(2)
そしてまた別のリーフが入ってきました。
あとで見たところ待機場所にモニターがあり、そこに映し出された映像を見て、別のリーフが発車すると同時に配車していたようです。

充電中のリーフ
こんな興味深い光景も。なんと充電スタンドで充電中の別のリーフの姿がありました。
充電する風景は初めて見た私。これは興味深かったです…。

しばらくいろんな所を散策してから、雨が降っていたのでまたまた新大阪へ。
少々とある実験(この件については後日書こうと思います)に協力してから少し経って・・・。

大阪マラソン号(新大阪/ズーミング流し?)
露出が全くなかったのでズーミング流しをやってみるも、かなり微妙な結果に…。
でも、やってみた価値はあったと思います。また練習しようかな。

1112F(天王寺/ズーミング流し)
上からマルハンラッピングの1112Fが撮りたくなり、今度は天王寺へ。
若干ですが、これも流し撮りです。今回は決まりました。

昭和町で撮ろうとするも、スペースがなさすぎて諦めて西中島南方まで乗車。
車内は撮れませんでしたが、ほぼ「大阪マラソン」一色でした。
西中島南方で少々暇つぶししてから数十分後…

大阪マラソン号(西中島南方)
土砂降りとともに「大阪マラソン号」がやってきました。
側面を強調した撮り方は全くしていなかったため、最後に撮れたのは幸いでした。
(この後梅田へ行ったものの、見事に失敗して終わりました)

この後22時半ごろまで運用に入り、中百舌鳥へ入庫した模様です。
個人的には今回のラッピングはかなり微妙なデザイン・期間だったとは思いますが、撮れたのは幸いでした。
どうせならマラソン当日の30日まで運用すればよかったと思うのですがねぇ…。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

02×60

Author:02×60
谷町線沿線に潜む高校生(単位制)。
金と興味さえあればどこにでも出没。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
30系車両引退記念特設サイト
logo_20130628204145.png
30系ステンレス車完全引退記念映像
直接連絡したい方はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。