スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

22系リフレッシュ改造車、営業運転開始

小運用ループ中の22603F
8月31日に森之宮検車場でリフレッシュ改造を終えて出場し、その後は夜間試運転など、調整が行われていた22603F。
なんと32605Fの森之宮から大日への回送と時を同じくして、9月22日から日中小運用をメインに営業運転を開始しました。
今回は、営業開始初日の様子をお届けします。
乗車することもできたので、乗車時の感想、そして、仕様変更点もいろいろ・・・。

リフレッシュ車の車内
車内の様子です。
車内については25系のリフレッシュ改造車と「ほぼ」同一でしたが、なんと仕様変更点がありました。

形状が変更されたバケットシート
仕様変更があったのはこの座席です。私はパッと見ただけで、どうも違和感を覚えました。

【違和感1:座席モケットの形状】
この座席を見たときに感じたのは「窪み、30000系の座席ってこんなに目立ってたっけ?」というもの。
実際に座ってみると、その違和感は確かなもので、ふくらはぎが圧迫されず、まっすぐになっているような感じがしました。
終着駅で降りるときに立ち上がる際に立ち上がりやすいような感じもしましたし、やはり違和感は確かになものでした。
あと、閑散時にバケットシートの間の膨らんでいるところに座ってみたりしましたが、30000系なら結構ジャストフィット(?)
していたものの、この座席ではジャストフィットどころか逆に不快感を感じました。
これらをまとめてみると、出る結論はただ一つ。
「御堂筋線用30000系と、座席の仕様がほぼ同じ」ということです。

御堂筋線用30000系は谷町線用30000系から、座席の形状が変更されたと書いてありました。
その形状変更が、今回の22603Fのリフレッシュ改造にも反映されたと思われます。

【違和感2:座席モケットの素材】
座ってから、違和感を覚えたのが座席モケットの「素材」。
この座席、どうも気になって布地を触ってみると、30000系タイプのようにざらざらしていませんでした。
以前、柄だけが30000系タイプの座席に変更された25608Fと同じ感触で、これらと同じものになったと思われます。
実際、30000系や30000系と同じシート素材を用いた車両(22601F、22613Fなど)のモケットは半年もすれば古い座席と
見間違えるほど、色褪せていました。
さすがに失敗と考えたのかは知りませんが、それがモケットの素材変更に至ったと考えられます。

マップ式の列車位置表示機
駅名がぎっしり詰まったマップ式の車両位置表示機。
駅数が市営地下鉄最大数を誇る谷町線ならではといいますかなんといいますか、なかなかすごいですね。
一度大日から八尾南まで乗ってみたいなぁ…

文の里発大日行きの運用に入る22603F
この日は夜に文の里発大日行きで大日へ入庫する運用に入りました。
「大日」幕は初めて見ましたが、やはり小文字幕には違和感を覚えました。

大日に到着した22603F
そして大日まで乗車。到着後は回送車になりました。


動画です。大日検車場へと引き上げるため、回送されていきました。
22系に20系IGBTインバータ改造車の音、案外新鮮で悪くないかもしれません。
これまでの爆音GTOインバータが消えるのは残念な気もしますが、これはこれで静かですし、なかなかいいと思います。

しばらくはあまり運用に出てこないかもしれませんが、30000系や22系未更新車と乗り比べするのも悪くないです。
また乗れたら乗ってみようかな。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

02×60

Author:02×60
谷町線沿線に潜む高校生(単位制)。
金と興味さえあればどこにでも出没。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
30系車両引退記念特設サイト
logo_20130628204145.png
30系ステンレス車完全引退記念映像
直接連絡したい方はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。