スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

287系「くろしお編成」、公式試運転 ~車両詳細レポート付き~

「こうのとり」用に次々と導入されていた287系。
8月9日、ついに381系の置き換え用の名目で「くろしお」用の287系が落成し、公式試運転が行われました。

公式試運転待ちの「くろしお」用287系
私が行った時は既に近畿車両にて公式試運転待機中で、前照灯を輝かせていました。
ローアングルで撮ろうとも思ったのですが、側面が全く目立たず大失敗(汗)

近車製の207系ホシS66編成と287系
待機中に見られた一コマ。
8年前の夏、こうして近畿車輛から巣立った207系S66編成と、これから巣立つ287系の一瞬の並びです。

近畿車両から徳庵へ入線する「くろしお」用287系
そして10時6分、ついに巣立ちのときです。近畿車輛からゆっくりと徳庵駅に進入しました。
こうしてみると、中間に運転台がなくすらっとした編成美で、6両という適度に長い編成の287系はかっこいいですね。
あと、赤系の帯ではなく以前の381系などと同じオーシャングリーンの帯が爽快感を出しています。

しかし、この時からどうも違和感がありました。
「前面上部のヘッドライト、妙に明るくないか?」と思った私はとりあえず撮ってみることに。

HIDに変更された運転台上部のヘッドライト
なんと運転台上部のヘッドライトがシールドビームからHIDに変更されています。
詳しくはのちほど。

京都駅停車中の「くろしお」用287系
続いては京都で。開放的なホームの下、しばしの停車時間です。

京都発車を見送り、後続の新快速で永原へ。
しばらく琵琶湖から来る涼しい風(たまに熱風)を浴び、セミの鳴き声を聞き、そしてオスのコクワガタの死骸を発見して
「この辺にクワガタっているのか~」と思いつつ、夏の雰囲気を満喫して暇つぶし。そして・・・

永原に到着する「くろしお」用287系
長い長いトンネルの中から出て、永原に到着。
やっぱりピカピカです。キリッとしてかっこいい…


永原入線シーンです。

尾灯点灯状態
停車。30分程度の撮影会です。
入線直後は尾灯が点灯した状態に。そして・・・

無灯火状態
今度は尾灯が消えてなにも点灯していない無灯火状態に。

ヘッドライト点灯状態
そしていつものヘッドライト点灯状態になりました。ライトによって印象も変わるものなんですね。

上部ヘッドライト変更部分(拡大)
ここでヘッドライトの部分だけ拡大。
しかしながらこのライト、HID灯が2つというわけではなく、1つの固まりに小さなライトを敷き詰め、その上に格子状の
パーツを取り付けたようなものとなっていますが、HIDのライトを2つ取り付ければよかったのになんでわざわざこんなことを…?
何か事情があるのかもしれませんが、詳しいところは一切わかりません。
おそらく最後に出場した683系4000番台にも付いているのでしょう。

ベストショット?
しばらく待つと一瞬曇ってくれたのでその隙に撮影。
しかし、このチャンスは本当に一瞬で、すぐに晴れてしまいました…。

1両ずつの形式写真も撮影しました。それではどうぞ。

クモロハ286-8
新宮側先頭のクモロハ286-8。
車号については「こうのとり」用4からの連番となっています。仕様も共通で貫通扉部分は閉塞されています。

モハ286‐9
モハ286-9。こちらも「こうのとり」用からの連番となっています。

モハ287-201
モハ287-201。こちらは「くろしお」用6両編成のみの新規番台区分です。

モハ286-201
モハ286-201。こちらも「くろしお」用6両編成のみの新規番台区分で、車いす対応の大型トイレが設置されています。

モハ286-8
モハ286-8。1・2号車同様「こうのとり」用からの連番になっています。

クモハ287-14
新大阪側先頭車、クモハ287-14。こちらも1・2・5号車同様「こうのとり」用からの連番となっています。
営業運転ではさらに3両増結して9両で運転することもあるので、貫通扉が使用可能になっています。

クモハ287型から見た編成全体の様子
後ろから編成で。
やはり、クモハ287側から編成写真を撮ったほうがかっこよく見えるのは仕方ないところなんでしょうかねぇ…。

クモロハ286型のサイドビュー
前に戻るついでにクモロハ286型のサイドビューを。
やはりオーシャンブルーのストライプは287系とベストマッチ!


そして14時19分ごろ。287系は吹田工場へ向けて走り去っていくのでした…

やはり、「こうのとり」用の287系とはかっこよさが段違いです。
ここまで「くろしお」用の287系がかっこよくなるとは思いもしませんでした。
しかしながら225系といい287系といい、阪和線仕様になるといきなりよくなるのは…なぜ?

今後は性能試験などを実施した後、2012年7月より営業運転を開始する予定です。
381系と一斉に交代するようですが、振り子機能がないだけに所要時間が延びるらしく・・・どうなるのやら。
何がともあれ、楽しみにしています。

(おまけ)
「こうのとり」用287系
この日、甲子園臨待ちの時に来た「こうのとり20号」。
やはり、運転台上部のライトが「くろしお」用とは違っていますね。半年ほど走っただけあって、少し汚れてきました。

(お帰りの際はいずれかお好きなものをクリックしてください)
鉄道コムブログ検索
鉄道コムで「287系」を検索
鉄道コムで「くろしお」を検索
鉄道コムで「試運転」を検索

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

おまけが最大の収穫 ~甲子園臨と…?~

8日に帰省先の名古屋から帰宅しましたが、いろいろあって今日から更新再開とさせていただきます。
今後ともよろしくお願いします。

昨日は「くろしお」用287系の公式試運転と、秋田からの甲子園臨があったので出かけてきました。
今回は「甲子園臨」です。

朝の甲子園臨は派手に寝坊して起きたら「8:00」。
「寝坊したー!」と思いつつ、夜にリベンジすればいいか、という感じで大阪駅で待機していたわけなんですが…。
入線直前まで表示が出ないというとんでもない状態に。
10番線か11番線、どちらに入るのか分からない状態でしたが…

EF81 103(敦)+24系の甲子園臨
なんと11番線に入られてしまい、機関車側からの編成写真は無理だったので客車側へ。
すると、前にはどっと集っていたのに後ろは少しいる程度でちゃんと撮れました。助かった・・・ような(汗)

そして見送った後、友人たちとしばしの雑談。
そうしているとき、なんと225系が大垣行きで入線。しかもL編成の重連!
写真は撮れそうになかったので、とりあえず動画だけでも撮りました。


オール225系なだけあって編成美は抜群。そして、連結面の眩しさも…(苦笑)

正直、「甲子園臨よりこっちのほうが収穫じゃないの?」と思った私です。
そして挙句の果てに「そうか今日の夜は225の12連を撮るために来たのか」と、甲子園臨の予想外すぎる結果に私を含め
友人全員が開き直る始末。
こういうときもある、というわけですかね(苦笑)

今回の甲子園臨は敦賀までヘッドマーク付きで敦賀からはただのトワ釜。
客車の場合は今後もそうなるみたいですし、ぜひとも今後転属する予定の583系秋田車(元仙台車)に来阪して欲しいです。
来年3月までお預け。甲子園臨、また来てほしいですね。

(287系「くろしお」の公式試運転の記事については本日20時ごろに掲載しますのでお楽しみに。今日は2本立てです)

鉄道コムでブログ検索
鉄道コムで「EF81」を検索
鉄道コムで「甲子園臨」を検索

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
(お帰りの際はどれかお一つか選んでクリックしてください)

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

02×60

Author:02×60
谷町線沿線に潜む高校生(単位制)。
金と興味さえあればどこにでも出没。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
30系車両引退記念特設サイト
logo_20130628204145.png
30系ステンレス車完全引退記念映像
直接連絡したい方はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。