スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

381こうのとり、引退まで残り1カ月…

381系FH62編成の「こうのとり」
ダイヤ改正で287系増備までの暫定措置として、福知山電車区に貸し出され、新たに「FH編成」を名乗ることになった国鉄色の381系。
「こうのとり」で運用されていますが、なんと5月31日までの運転となってしまったようです…。
本来ならば6月末までの予定だったものの、287系の増備車の落成が早期に行われたことによる計画変更のようです。
国鉄色の381系に残された時間はいよいよあと1カ月となりました。
現在はフチFH62(元ヒネC603)とフチFH63(元ヒネC604)が「こうのとり」運用に充当されており、特にFH62編成の先頭車は
去年8月に吹田工場で再塗装が施され、美しい外観となっています。
381系の「こうのとり」の撮影はお早めに…。

(お帰りはこちらからどうぞ。他の人の記事なども見つかります)
鉄道コムブログ検索へ
鉄道コムで「381系」を検索
鉄道コムで「こうのとり」を検索
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

今津線板車祭り

「阪急電車 =片道15分の奇跡=」の公開記念として、撮影に使われた3058Fをはじめとした神戸・今津・宝塚・京都線の車両に
掲出されているヘッドマーク。
今日はヘッドマークがついた今津線最後の板車、3058Fを撮りにぶらっと行くことにしました。

まずは箕面線の3080Fが動いているか確認するため石橋へ行くも動いておらず、22系54編成氏と合流して今津線へ。
一発目から遭遇したりしないのかな…なんて思っていましたが、いたのは3000系の方向幕車。
しかしながら宝塚南口ですれ違ったので、小林で降りて待つことに。

3058F(小林)
練習台は何一つありませんでしたが、ちゃんと撮れました。
恐怖のAFバグが起こらずほっとし、反対側で折り返しを撮るも撃沈+パンタ串刺し。
そして甲東園へ行くと先客がいたので、ホーム中ほどから狙撃することに。結果は…

3058F(甲東園)
きれいに決まった気がします。前回の大失敗のリベンジを果たすことができました。

3058F(西宮北口停車中)
このあと西宮北口へ。
西宮北口の宝塚行きホームの宝塚側は撮りにくかったですなぁ…。

ヘッドマーク
ヘッドマーク。3058F用のヘッドマークには持ち運ぶための取っ手が付いています。
ちなみに、裏には車号が書かれていました。

方向板
方向板。ぺらぺらとめくる方式になっているんですね。
めくるとどんな表示が出てくるのか気になる私。一度めくってみたいなぁ…と思ったり。

方向幕
方向幕。アクリル板か何かの裏から照明を当てて表示するタイプですね。
こんな幕も、今では今津線でしか使用していません…(箕面線の車両は使用停止)。
そして阪急西宮ガーデンズへ行き、昼飯を食べてから戻ると時間的に撮れることに気付き、行ってみると…。

3058F(西宮北口入線)
予想は的中し、撮影できました。
ピントは申し分ないんですけど、影がマンダーラ…仕方ないですが。

3058Fを春の阪急レールウェイフェスティバルに展示してほしいな…と思う、今日この頃です。

「お帰りはこちらからどうぞ」
鉄道コムブログ検索へ
鉄道コム「阪急」の検索へ
鉄道コム「今津線」の検索へ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

混色2628F、ついに復帰!

混色で復帰した2628-2808Fの「ひこぼし」
4月25日、2628Fが運用に復帰しました。
京都側2両のみが検査を受け、同時に新塗装化された結果、5両では初の混色編成となりました。
見た時は激しい違和感を感じましたが…しかし、新塗装に「ひこぼし」の副票は似合いますね!
さらに検査明けのピカピカの車体と床下機器、屋根上のクーラーやパンタグラフ。
旧塗装車しかなかった2600系5両編成。5月のダイヤ改定でどうなるかわからない現状ですが、これはいい話題になりました。
今後の活躍に期待したいところですね。

鉄道コムブログ検索へ
鉄道コムで「京阪」を検索
鉄道コムで「2600系」を検索
鉄道コムで「ひこぼし」を検索
(ほかの人の記事なども見つかります。あわせてどうぞ)

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

2600系、5両にも混色誕生

2609F(左)、混色になった2628-2808F(右)
最近、2600系の2628‐2808Fが検査から出場し、試運転を行ったようですが…なんと混色になっているようですね。
その編成が今日復帰したとのことで、今日の「ひこぼし」に入るのか気になっています。
というわけで…今日は夜になんとなくぶらっと行ってみることにしましたので、早い時間に更新させていただきました。
結果のほうはいかに・・・?

鉄道コムブログ検索へ
鉄道コムで「京阪」を検索
(ほかの人の記事なども見つかります。あわせてどうぞ)

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

同じチクビームでも・・・

チクビーム(鬼畜ビ)
下関所属の1132・115系の初期型先頭車の大型白熱灯を小型シールドビーム化する際、大型白熱灯の台座をそのまま残し、
その上に小型シールドビームを取り付けた結果、かなり変な形になってしまい、見た目から「チクビーム」というあだ名が
ついて一部のファンには人気のこのヘッドライト。
ほんの些細な個所や塗装が違うだけでも車両の印象を大きく変えるこのライト。
今回は「チクビーム装備車の細かい違い」を見ていくことにしましょう。

セキG02編成
強烈な印象を与えた「末期色」のチクビーム装備車、セキG02編成。
チクビーム付きの末期色はこの編成が唯一なのですが、この車両の東京側、クハ111-139はスリット型のタイフォンです。
まだお碗型+末期色×チクビームは出ていませんが、スリット車でも強烈なだけに少し期待している私がいます。

チクビーム(白乳首)
続いて瀬戸内色のチクビーム装備車。
こちらはセキG01・G03、セキC42、H01編成が該当します。

セキC42編成
まずはスリット型タイフォンのセキC42編成。
なんとも言えない印象です。言葉でも文章でも表現できないような…

セキH01編成
お碗型タイフォンカバーがついたH01編成。
チクビームに加えて異様に目立つお碗型タイフォンカバーが強烈です。
お碗型タイフォンカバーおそるべし…

チクビーム(黒乳首)
最後の〆は「黒乳首」。体質改善広島色のチクビーム装備車です。
こちらはセキC16・21・43編成(など?)が該当します。

セキC21編成
スリット型タイフォンのC21編成。
黒乳首にスリット型タイフォンだとなぜか妙に目立っている気がします。
瀬戸内色のチクビームとは逆…ですかね。

(お碗型の黒乳首はないようですので省略)

セキC43編成
お碗型タイフォンに加え、鉄仮面化したセキC43編成。
体質改善色に鉄仮面、そしてチクビーム、さらにこれまた異様に目立つお碗型タイフォンカバー…。
なんとも言えない不気味なオーラを放っています。
こんなふうにチクビーム装備車でもタイフォンカバーなどの違いによって印象が変わる下関の115(一部113)系。
このような奇妙な形のヘッドライト。初めて見たときの強烈さは格別ですよ。
見たい方は岡山近辺より西側、特に広島地区だと1時間以上ぼーっと待てば確実に見ることができます。ぜひどうぞ。

鉄道コムブログ検索へ
鉄道コムで「115系」を検索
(他の人の記事なども見つかります。あわせてどうぞ)

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

02×60

Author:02×60
谷町線沿線に潜む高校生(単位制)。
金と興味さえあればどこにでも出没。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
30系車両引退記念特設サイト
logo_20130628204145.png
30系ステンレス車完全引退記念映像
直接連絡したい方はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。